Building Japanese Leaders in Gaishikei: Effective Business Development Workshop (JL#07)

 02 June
 B2 Yaesuguchi Kaikan, 1-7-20 Yaesu, Chuo-ku, Tokyo, T103-0028 東京都中央区八重洲1-7-20 八重洲口会館B2 東京駅八重洲北口前 (SMBC日興証券)
  - - -
 Jon Lynch
In this June 2 (Tue) workshop we'll learn how to do more effective business development: including sharing best practices for marketing, sales planning and partnerships in order to achieve our targets. 6月2日(火)のワークショップに日本での効果的なビジネス開発のベストプラクティスを身につけます。目標に達成できるように、日本でのマーケッティング、営業企画、パートナーシップ作りなどの様々なチャレンジを解決しましょう。 Japan is going global, join us! (日本語は以下です) Let's develop clearer, more persuasive communication skills to help Japan's foreign capital firms achieve more in the local market/global community. Learn how to: 1. Succeed in discussion – learn how to persuade managers and head office staff to understand and better match Japan's business culture and market 2. Show a proactive attitude that gets you listened to, respected, hired and promoted 3. Motivate your colleagues, bosses and staff to embrace change 4. Network with other gaishikei employees and managers, including HR, marketing, IT, sales and R&D specialists 5. Improve your language and intercultural communication skills. This workshop series supports both Japanese employees in gaishikei (foreign capital companies) and their foreign colleagues and managers who want to help them succeed. Japanese have great skills and energy to contribute globally, but to do so more effectively they need to adapt their working style to the different business cultures of global organizations. We will explore not only how Japanese can learn clearer and more persuasive communication skills, but also how their global organizations can evolve their own systems to function at a more optimal level in Japan. Japan staff can feel stressfully sandwiched between different stakeholders and working styles. For example, global group (inflexible global compliance rules and slower, poorer support) and Japanese customers who expect flexible relationship-based top quality service. Also, global policies may not fully motivate local sales and marketing staff. By persuasively explaining our situation in a win-win way, we can get their approval for positive change. We also explore ways to help foreign managers get their Japanese staff more engaged with global activities. We share "J-Global" best practices, combining the best of both working styles to grow revenues and achieve targets together. The workshop is presented in both English and Japanese and includes methods such as case studies, research, brainstorming of solutions and best practices, role plays, peer-coaching, peer-supported launch of change projects, and other methods. Please pay in advance here on this Peatix site. We provide receipts (領収書) Participation price is 5,000 yen (advance), 6,000 yen (cash on day) - including sushi dinner. Or ask for veggie option. (Membership for 2015 is free if you sign up by Spring 2015) Please invite any interested friends. Facilitator: Jonathan Lynch (CEO of K.K. Tsunago We meet in J-Global Institute of Collaboration, by Yaesu Kita Exit of Tokyo Station, 7pm - 9:30pm every First Tuesday Workshop dates: Apr 7, May 11, June 2, July 7, Aug 8 … J-Global Institute of Collaboration, (Inside Yaesu Gaigo Gakko / Global Village Media space) 〒103-0028東京都中央区八重洲1-7-20 八重洲口会館B2 東京駅八重洲北口前 (SMBC日興証券) B2 Yaesuguchi Kaikan, 1-7-20 Yaesu, Chuo-ku, Tokyo, T103-0028 (SMBC Nikko Shoken is 1F if you come from Nihonbashi station. Or enter directly from Tokyo Station Yaesu North Exit B1) Email for information: SEE PRESENTATION IN JAPANESE: Here's my talk at Roppongi Hills Breakfast about how to make Japanese management style more understandable for foreigners - and make a new synergy: (Scroll down to view) ************************************** Bring a Friend Campaign: Join our workshop with friends and get 1000 yen off - EACH. (*Mail to tell us in advance, For friend's first visit only ) *Receive this as cash back if you pre-paid. *************************************** 外資系企業で日本のリーダーを育てよう: J-グローバル・ワークショップ ------------------ 6月2日(火)のワークショップに日本での効果的なビジネス開発のベストプラクティスを身につけます。目標に達成できるように、日本でのマーケッティング、営業企画、パートナーシップ作りなどの様々なチャレンジを解決しましょう。 -日本の外資系企業がローカル市場とグローバルコミュニティで活躍できる、より明確で説得力のあるコミュニケーションスキルを- -より明確で、説得力のあるコミュニケーションスキルを日本外資系企業へ― ワークショップでは下記のことが学べます。 1. ディスカッションを成功させる( 例:マネージャーや本社を説得し、日本のビジネス文化やマーケットをよりよく理解させる等 ) 2.意見に耳を傾け重要視させ、雇用や昇進に繋がるような前向きな姿勢を示す 3.進んで変化を受け入れてもらえるように、同僚や上司、スタッフのやる気をアップさせる 4. 他の外資系企業の従業員(人事部、マーケティング部、IT部、営業、R&D スペシャリスト等)とのネットワーク作り 5. 言語能力と異文化コミュニケーションスキルの上達 このワークショップシリーズは、外資系企業の日本人従業員と日本人従業員をサポートしたいと願う外国人同僚やマネージャーの両サイドに向けたものです。日本人は、世界的に活躍できるような素晴らしい技術や精力を持ち合わせていますが、グローバルな組織の中では、従来のワーキングスタイルを異なったビジネス文化へ適応させる必要があ ります。このシリーズでは、外資系で働く日本人がどのようにより明確で説得力のあるコミュニケーション能力を身に付けていくかということにとどまらず、外資系企業というグローバルな組織が日本でどのようにその制度をうまく活用していくかということに焦点を充てていきます。 日本人従業員は、様々な利害関係者とワーキングスタイルの狭間でストレスの多い時間を過ごしています―例えば、柔軟性に欠けるグローバル追従のルールに縛られ、対応の遅い不十分なサポートを提供するグローバル企業と最高品質のサービスと共に柔軟性のある関係を期待する日本の顧客の間に挟まれていたりします。また、グローバル政策では、地域の販売スタッフやマーケティングスタッフに十分なやる気を起させることができないかもしれません。互いにとって有利となる状況を言葉巧みに説明することで、積極的な変化を相手に承認させることが可能となります。ワークショップでは、日本人従業員がグローバル活動にさらに従事できるように外国人マネージャーがアシストしていく方法を模索していく予定です。 収益を上げると同時に目標を達成する最良のワーキングスタイルを併せ持つ「J-グローバル」ベストプラクティスを共有します。ワークショップは二か国語対応で、ケーススタディやリサーチ、ソリューション&ベストプラクティスのブレインストーミング、ロールプレイ、ピアコーチング、プロジェクト変更開始のためのピアサポート等が行われます。 ワークショップの日程:4月7日(火)、5月11日(月)、6月2日(火)、7月7日(火)、8月8日(火) 参加ご希望の場合は、この「Peatix」のサイトでもお支払をお願いいたします。 ご料金:1セッションにつき、前払い5000円(夕食(お寿司、またはvegetarian)を含む) 現金払い:6000円 ファシリテーター:ジョナサン・リンチ ( K.K. TsunagoのCEO ********************************************** 友達キャンペーン: 友達とワークショップに参加して、(お一人様につき)1000円割引をゲットしましょう。(*事前にメールをいただくと、一人につき4000円となります。但し、初参加の方に限ります。)*すでに支払い済みの場合は、現金で返金いたします。 **********************************************

More Events In

 15 December, Thursday